【メガネ酔い】原因は度の強すぎ?どのくらいで慣れる?【治し方】

 f:id:joruno127:20171208161148p:image

 

『メガネ買ったはいいけど、なんだか頭痛がするし、酔って気持ち悪い・・・』

 

 

新しくメガネデビューされた方や、コンタクトからメガネに変えた方が「メガネ酔い」に悩まされてしまうケースは少なくないようです。

 

僕も最近、JINSでメガネを買ったのですが、メガネ酔いがひどくてレンズを変えてもらいました。それでもまだちょっと気持ち悪いです。

 

そこで今回は、快適なメガネライフを送るためにも、「メガネ酔い」の対処法を紹介したいと思います。

 

{ 目次 }

 

 

 

メガネ酔いの主な原因

 

メガネ酔いの原因として最も多いのが「レンズの度が強すぎる」というものです。

 

この場合は、無理に目を慣らそうとするのではなく早急にお店でレンズ交換をした方が良いと思います。

 

広く一般的に言って、目がメガネに慣れるのは「4〜5日」と言われていますが、レンズの合わないメガネをかけ続けてしまうと、眼精疲労になって視力に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

メガネをかけるとすぐに気持ち悪くなってしまう方や、一週間を過ぎても違和感が消えない方は、購入したお店でレンズの度を下げてもらうことをお勧めします。なんとも普通の解決方法ですが、これが一番確実で手っ取り早いです。

 

JINSでは、保証期間が6ヶ月で、フレーム・レンズの交換は合わせて二回まで。

Zoffでは保証期間が1年間で、レンズ・フレーム交換は無料となっています。

 

時間が経ったのにどうしても違和感が消えないという方は、早めにレンズ交換してもらいましょう。

 

レンズを交換しても、メガネ酔いが治らない場合 

 

レンズを交換しても、メガネ酔いが治らないこともあります。

 

そんな時はフレームのサイズを下げると良いかもしれません。

 

調べてみると「大きなフレームよりも、小さめのフレームの方が酔いにくい」傾向があるみたいです。

 

また、こめかみを強く締め付けられてしまうせいで気持ち悪くなってしまったり、違和感を感じてしまうケースもありますので、フィッティングはしっかりとおこなってください。

 

フィッティングとは、メガネと自分の顔が無理なくしっかりとフィットするように調整することです。フィッティングがうまくできていないと、目の疲れや痛みを引き起こしてしまいます。

 

レンズももちろん重要ですが、メガネのフレームが自分に合っているのかを確かめることもかなり重要です。

 

自分にぴったりあったフレームサイズに変更することで、酔いが治る可能性もあります。

 

 

 レンズもフレームも変えたけど治らない時は?

 

「レンズも変えたし、フレームのサイズもぴったりあってるけど酔う・・・」

 

レンズを変更しても、フレームのサイズを変えても目が慣れない場合は、そのお店が取り扱っているレンズ自体が合っていないというケースを考えた方が良いかもしれません。

 

レンズの種類が違うと言っても本当に微々たる違いですので、改善されるかどうかはわかりませんが、どうしてもメガネ酔いを治したいという方は、お店を変えて新しく購入した方が良いかもしれません。

 

乱視によるメガネ酔いの場合は?

 

通常の平均的な乱視であるのならメガネでの矯正は可能ですが、あまりにひどい乱視である場合は矯正が難しくなってきます。

 

乱視は、近視や遠視と違いますので、乱視の方がメガネを選ぶ時は注意が必要です。乱視用のメガネは、高度なフィッティングが必要とされ、レンズの調整も非常に繊細で微妙なものになります。乱視でメガネに酔ってしまうという方は、普通の眼鏡屋ではなく、アフターケアの充実した専門のお店で購入することをおすすめします。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

正直、お店でしっかり調整してもらうという方法しかありませんので、ほぼほぼ役に立たない記事ではありますが、原因を探る一環として、参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

レンズ交換と、JINSの神対応

今日、JINSでメガネのレンズ交換をしてもらった。

 

前の記事で、JINSにちょっとした悪口言っちゃったから、入る時に、なんか申し訳なさがこみ上げてきて緊張してしまった。いや、別に何も悪いことしてないから! ブログでちょっとしたネガキャンしただけだから!と、暴走する自意識を抑え込みながら店内に入る。

 

僕はその時学生服だったので、入る時かなり目立ったと思う。僕はすぐに店員に目を向ける。あ、やばい、みんな前と一緒の店員じゃん。やばい、店員に「なんだまたこいつか」とか思われちゃうやだああああああみたいなことを思いながら何食わぬ顔で「度無しレンズに交換お願いします」と言った。人間って本当、何考えてるのかわからないよね。

 

保証書をお持ちですか?と店員。僕は視力の検査結果が載った保証書を渡す。店員はしばしのあいだ保証書を眺める。しばしの沈黙。すると店員が口を開いた。「乱視があるみたいなので、もう一度検査を受けてもらってもよろしいですか?」やべえ!まただ!前と同じじゃん!そうやって検査受けさせてレンズ買わせるんだろ!と思ったのも束の間、保証で無料レンズ交換できることを思い出した僕は「あっ、はい、わかりました」とあっさり承諾した。

 

検査を受け終わり、度ありレンズをかけさせられて「違和感は無いですか?」と店員に言われたので、「うーん、違和感は今の所ないんですけど、できればブルーライトの度無しレンズにしてほしいんですよね」と店員に頼んだ。店員は笑顔のまま「うーん、そうですか、わかりました」と言った。

 

自分で検査を受けといて、やっぱり度無しレンズで、っていう自分にはかなり問題があるなあと思った。非常にめんどくさい客だ。JINSの店員の皆様、大変申し訳ございません。そして、こんな面倒な客に対しても笑顔を絶やさない接客精神、尊敬します.............。ほんとすみません。

 

そうしてレンズ交換が無事におわり、当初の目的であるブルーライトカットの度無しメガネをゲットし、高房のくせにかっこつけてイタリアンを食べ、スタイリッシュに度無しのメガネをつけて帰った僕でしたとさ。おしまい。

 

 

「気分が沈んだ時に聞きたい曲」 5選

人生いろいろ。失敗して落ち込んだり、訳もなく不安になったりする時がありますよね。

 

そんな時は、1人でうじうじ悩まずに、音楽を聴いて少しでも気分を和らげましょう!

 

そこで、個人的に「聞いてちょっと救われた」と思った曲を紹介したいと思います。

 

Syrup16g  「Reborn」


Syrup16g Reborn

 

「昨日より 今日が すばらしい日なんて 

 わかってる そんなこと 当たり前のことさ」

 

という歌詞から始まるこの曲。良いフレーズですね。

Syrup16gというバンドは、どちらかというと暗い曲が多いのですが、そんな中でこの曲は非常に聴きやすく、「明るくいこう!」的なおしつけがましさがないので、聞いてて心にすぅーと響いてくるものがあります。

 

Mr.Children 「雨のち晴れ」

 

明るすぎず暗すぎずの絶妙なメロディーラインが癖になります。

You tubeのリンクを貼りたいのですが、なかなか良いのが見つかりません(メドレーとかに含まれてるのしかない)

 

サビの

 

「もういいや もういいや 疲れ果てちまった

 そういって そういって ここまできたじゃないか」

 

という歌詞が、個人的に狂おしいほど好きです。

 

坂本龍一  「Aqua」


「Aqua」坂本龍一

 

「教授」こと坂本龍一さんの「aqua」。聴いていて落ち着きますねー。

戦メリやenergy flowでおなじみの坂本龍一さんですが、ほかにも素晴らしい曲がやまほどあります。よかったらyou tubeでいろいろ聞いてみてください。

 

くるり「ハイウェイ」


くるり - ハイウェイ

 

「僕が旅にでる理由は だいたい100個くらいあって

 ひとつめはここじゃどうも 息がつまりそうになった」

 

うん。何回みても良い詩です。

もうね、初めてこの曲を聞いた時は本当に感動しました。

曲の雰囲気の10代っぽさがたまらなく良いです。

 

キリンジ「Drifter」


キリンジ - Drifter

 

ラインモバイルのCMで話題にもなったキリンジ

ミスチルの桜井さんがbank bankでカバーしてました。

でもやっぱり本家が一番。ぜひぜひ聞いてみてください。

 

 

 

メガネ酔いと、JINSの罠。

先日、JINSでメガネを買った。ブルーライトカットの度付きメガネだ。フレームは鼈甲で、なかなかシックで雰囲気がある。

 

学校の授業中、黒板の文字が見えにくい事もあり、親と店員から勧められて度付きにしたのだが、これが失敗だった。いざメガネをかけて生活してみると、酔う。もうすんごい気持ち悪い。

 

もともとパソコンをするときだけメガネを掛けるつもりで買おうとしていたのに、本来の目的を忘れてしまっていた。ふと、思ってしまったのだ。そういや最近黒板の文字見えにくいなってね。

 

店員から「視力検査は無料ですので、受けるだけ受けてみますか」と言われたので、「あ、まあ、受けるだけなら」と、場の空気に流されて検査を受けたのだが、これは罠だった。 検査を進めているうちに、あることに気づいたのだ。度付きレンズを購入する前提で検査されていることを。

 

視力検査が終わり、「ではレンズの度が決まりましたので、受付カウンターまでこの紙を持って行ってください」と、自分の検査結果が記載された紙を渡された。自分でも信じられないのだが、その時僕はなんの疑問も不満も抱かずに「はい、わかりました」とその紙を受けとり、何食わぬ顔でカウンターのお姉さんにその紙を渡してしまったのだ。

 

JINSは、恐ろしい。客にメガネを買わせる空気を作るのが非常にうまい。僕に非がある事も確かだが、こんな事を言っている僕自身も買う気になってしまっていたのでどうしようもない。繰り返す。JINSは恐ろしい。

 

結局僕はそのメガネを買って、帰宅時にさっそくメガネをかけていたのだが違和感と不快感がひどかった。なんだか気持ち悪い。遠いところが見えすぎて気持ち悪い。なんなんだこの感覚は、と、僕はネットで「メガネ 酔う」と検索した。ずっとつけていて酔いがひどくなるメガネはレンズの度が強すぎるとあった。おいこらふざけんじゃねえぞJINS

 

という訳で今度JINSにレンズを交換してもらう事にした。また行かなきゃいけない。あの恐ろしい場所に。今度は、どんな罠を仕掛けてくるだろうか。

 

 

 

 

 

 (メガネ酔いに悩んでいるあなたにおすすめの記事⇩)

 

kukinegi.hatenablog.com

 

 

 

 

【空の境界】魅力は音楽が7割!?梶浦由記のかっこよすぎる音楽集【BGM】

 空の境界を語るうえで欠かせないのが音楽

 

f:id:joruno127:20170605181644j:plain

 

空の境界がなぜかっこいいかって?

 

そんなの音楽がかっこいいからに決まってるじゃないですか。

 

2007年に第1章の俯瞰風景が公開されてから、今でもなおカルト的な人気を持ち、FGOコラボによって再び知名度を上げた「空の境界」。

 

すべての型月作品の原点であり頂点。いや頂点は言い過ぎかもしれないけど、そのくらいの凄みがあるこの作品が、10年以上も支持され続ける魅力とは一体何なのだろうか。

 

厨二心を擽られる世界観、臭すぎて耳を塞ぎたくなるような恥ずかしいセリフの数々、原作の小説を覗けば「いやこれただのポエムやん!」とツッコミたくなる。

 

それなのに。

 

それなのになぜかめちゃくちゃハマってしまっている自分がいる。直死の魔眼かっこいいまじ濡れる…と思っている自分がいる。それはなぜか? 音楽が素晴らしいからだ。もちろん作画も素晴らしい。キャラも立ってて魅力がある。しかし、視聴者に頑然たる空の境界像」を作り上げたのは何と言ってもこの作品のBGM、音楽だと思う。

 

 
空の境界と言ったらやっぱり「M12+13」

 

 

空の境界と聞けば、ファンなら誰もが真っ先に思い浮かべるであろう名曲がある。

そう。「M12+13」だ。

 

 


【空の境界】 鳥肌が立った、神戦闘BGM 『M12+13』 【高音質】 TYPE MOON BGM集

「第1章 俯瞰風景」の戦闘シーン

(1分30秒頃から)


空の境界 俯瞰風景 戦闘シーン

 

劇場版空の境界 俯瞰風景」の戦闘シーンで流れるこの「M12+13」。

もうね「いや、これもうMVでしょ?」ってぐらいbgmと映像がマッチしてる。ビルからビルに飛び移る瞬間に曲調が変化したり、水が溜まっているビルの屋上を滑るシーンでコーラスが入ってくる所とか、タイミングが絶妙すぎて鳥肌立つ。なんなのこれかっこよすぎる。

 

 

個人的に一番好きなのは「 M24 」で、第5章矛盾螺旋の対アラヤ戦Round2で流れるBGMなんですが、一瞬だけ「」が現れた後にm24かかって一気に盛り上がるこの感じね。何回見てもたまんないですほんと。


Ryougi Shiki Vs Araya Souren: Kara no Kyoukai Paradox Spiral

 

見ましたかみなさん!?

 

橙子が「こいつはちょっとやばいね…」って言った後のデケデケデケデケデデデデのところとか最高すぎませんか。その後のあのメロディですよ。鳥肌止まりませんよほんとどうしてくれるんですか梶浦さん。勘弁してください。失禁しそうです。

 

 

梶浦由記は、奈須きのこいわく「リアル橙子」

――奈須きのこ「自作ネタで申し訳無いのですけど、初めてご挨拶した時は心の中で『リアル橙子さんや……』と思ってしまいました。多くの歌姫を育てながら本人も多才とか、どこの万能超人なんですか……と(笑)」       

 

雑誌「ユリイカ」の梶浦由記特集によると、本作で作曲を担当している梶浦さんは、奈須きのこさんいわく「リアル橙子」らしい。

f:id:joruno127:20171208184017j:plain

空の境界 登場人物 蒼崎橙子

確かに梶浦さんは、自身が手がけた機動戦士ガンダムseedのエンディングテーマが、シングルcdで20万枚の売り上げを記録するなど、アニメ業界屈指のヒットメーカーで、他にも数多くの高セールスを叩き出している。すげえ。

 

そんな梶浦由記さんが手がける楽曲には独特のコーラスが加わることが多く、そのコーラスが何語なのか不明なので「梶浦語」と言われている。恐らく一番音が乗りやすい言葉というか、発音にしているんだろうけど、それがまた良い。空の境界に限らず、fate zeroでもコーラス多数のbgmが多いし、you are my kingとか最高ですもんね。

 

ユリイカ梶浦由記特集を読んでわかるのは、結構気さくで面白い一面を併せ持っているのかな、というところ。Twitterでもたまーにすごい天然発言していたりと、人間的にもすごい魅力があります。 

 

 

 

世界観と合い過ぎている各EDテーマ

 

空の境界は劇場版第1章から第7章、そして終章が公開されています。

 

その全てのエンディングテーマを担当しているのが「Kalafina」。

f:id:joruno127:20171208174705j:plain

 

Kalafinaは、音楽担当の梶浦由記がプロデュースする3人組の女性ヴォーカルユニットで、空の境界の主題歌を作成するために結成されましたfate/zero第二期、劇場版まどマギなどのアニメに留まらず、「歴史秘話ヒストリア」のテーマ曲も担当しており、ライブも多くおこなっています。

 

 

劇場版空の境界は戦闘シーンもさることながら、エンディングテーマの評価も高く、

中でも第五章の「sprinter」は特に人気が高いです。この曲に関して奈須きのこさんは

 

『obliviosやこれまでのエンディング曲は、空の境界のためだけに作られてきたものだけど、この曲は万人に届く。いや、万人に届けないといけない曲だ」

 と、一度聞いただけで “これは凄まじい名曲になる” と確信したそう。

 

そこで「歌詞を空の境界に限定せず、より多くの、普遍的なメッセージに変えたらどうだろうか」と梶浦さんに提案したところ、

 

「これは五章のために生まれたものですから、歌詞はこのままで行かせてください」

 

と梶浦さんが丁寧に返答したそうです。これが功を奏し、作品のテーマ、世界観と見事にマッチした名曲が誕生。いやー流石です梶浦姉貴。

 

作詞作曲にもかなりの時間をかけたみたいで、個人的に「sprinter」は一番印象に残っています。


Kalafina 『sprinter』

 

まー、エンディングだったら僕は「oblivious」が一番好きですね。

 

 

結論:僕は菅野よう子さんより梶浦由記派です

 

つまりこの記事で伝えたいことは梶浦さん最高ということです。

アニメで音楽担当が梶浦由記だと、作品の重みや深みが増すのは確実だし、何よりも、梶浦さんだったら間違いないわっていう安心感がある。安定の梶浦サウンド。今後も期待したいです。

 

ミスチル “もうひとつの名曲” 「my confidence song」

お題「今までに一番リピート再生した曲」

 

今までに一番リピートした曲って聞いて、一番最初に思い浮かんだのがBill Evansのワルツフォーデビーなんですが、村上春樹みたいに、ジャズを語れる程の文才もないので、普通に邦楽を選びました。ミスチルの「my confidence song」です。

 

大ヒットシングル「innocent world」の収録曲

  

f:id:joruno127:20170605142441j:plaininnocent world」(イノセント ワールド)Mr.Childrenの5枚目のシングル1994年6月1日発売。

 

「イノセントワールド」は言わずと知れた名曲ですが、そのイノセントワールドの裏で、ひっそりと隠れた「もうひとつの名曲」が、僕がおすすめする「my confidence song」なのです。

 

この曲、実は演奏時間がとても短く、なんと1分55秒しかありません。

 

「いやいや、演奏時間がもっと短い曲は山ほどあるよ」という声が聞こえてきそうですが、ミスチルのシングル収録曲の中では一番短いと言われており、またこの短さこそが魅力でもあります。

 

 

短いから何度も聞けるし、歌詞も秀逸

 

文字通り、短いからリピートしやすいんです。

それにこの曲はギター弾き語りで、音の情報量がすくない事もあり、耳が疲れません。これはかなり大きなポイントです。そして何よりも歌詞、そう、歌詞が魅力的なんです。

 

 

マシンガンみたいに僕を責めて

 

愛しき人は去れど

 

あどけない日の面影に

 

すがれば傷つくだけ

 

歌詞だけ見るとなんか悲しい感じの歌詞ですが、優しいリズムと桜井さんの爽やかな歌声で、聞いていてものすごく心地いいんです。

 

どこか、なにかを悟って諦めているような詩も、押し付けがましいメッセージ性があまり感じられず、変に考えこまずに流し聞きできる。

 

そう考えるとこの曲はもう、リピート再生するために作られたといっても過言ではありません。いやほんとに。

 

 

という訳でみなさん、ミスチルの「my confidence song」ぜひぜひ聞いてみてください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧な文章は存在しないって、春樹も言ってるし。

 

ブログを続けることは難しい?

 

ブログを始める前に、どのブログサービスを使うのがいいか、どうすればアクセス数が増えるか、いろいろとインターネッツで調べていた時に、多くのサイトで「大切だ」と書かれていた事があります。それは「毎日更新し続けること」です。

 

僕は今ブログを始めて5日目か6日目ぐらいですが、確かに大切だと思いました。そしてそれは非常に難しいです。最初のうちはいくら頑張ってもアクセス数は伸びないですし……。ブログ記事のネタは結構バンバン思いつくんですけど、あらかじめテーマを決めちゃうと、僕はすらすらと文章化できないんですよね。逆に、大きなテーマが全く無くて、何も考えていない状態の方がすらすら文章が書けます。こういう人、僕のほかに結構いるんじゃないでしょうか。

 

「自分の為に書く」ことが、モチベーションを保つカギ

 

ブログを書き始める前、とにかく毎日書くことを目標にした僕は、決めていることが一つあります、それは「利益を得る事を目的とせず、とにかく自分のために書く」という事です。まあでも、最終的にはブログで利益を得たい!!って思ってますし、あくまでも毎日続ける上で決めた目標です。

 

これ、一見矛盾しているように見えるんですけど、僕の場合は「文章を書く」ことで自我を忘れられるというか、とにかく夢中になれるので、いまのところ「伝える」よりも「書く」ということを優先させてます。いまのところはね。

 

でも、文章を書くのが好きかと言われると、そういうわけでもないです。何かを「書きたい」のに何も書けない時や、後で自分の文章を読み返した時に味わう恥ずかしさとか、敗北感とか、嫌になる要素は山ほどあります。まあ、まだ若い僕が、知性と教養あふれる感動的な文章を書けたら、今頃芥川賞とか獲っちゃってるだろうし、文章を書くという事は、ある意味何かを妥協して受け入れるという作業でもあるのかもしれませんね。村上春樹も完璧な文章は存在しないって言ってるし。

 

淡々と書くのがプロ

 

作家の村上龍は、プロの作家とアマチュアの作家の違いを「淡々と書けるか、書けないか」で定義していました。正確に覚えてないので、あんまり詳しく書けないんですけど、「文章をかくことに対して、あれが良いこれが悪いと言っているうちはアマチュアで、何も考えずに淡々と書ける人は、プロ」みたいな感じの事をエッセイに書いていました。

 

当時中学生だった僕はこれを読んで「なんか意味わからんけど、なるほど淡々と書ければプロなのか」と、何も考えずに鵜呑みにしてたんですけど、今、これを読むとだいぶ印象が違います。というのは嘘で、正直今もあんまり意味わかってないです。

 

まあ、なんとなくイメージはできますけど、具体的にはよくわからない。今僕は結構、淡々と文章を書いているつもりなんだけど、これにはあてはまらないんだろうな。たぶん。

 

「でもやっぱ、面白いコンテンツを発信したい」

 

自分の為だとか完璧な文章だとかいろいろ言ってますけど、結果的に言えばやっぱり多くの人に見てもらって利益を得たいです。正直に言えばね、お金を稼ぎたい。でもまだこのブログは一日のアクセス数50前後だし、今広告を貼ってもあまり意味がない。

 

そんな訳で、「僕にしか生み出せないコンテンツ」は今考えても絶対に見つからないので、オンリーワンじゃないけど面白いコンテンツを考え中です。今考えているのは、まあこれは「コンテンツ」とは言えないけど、ミスチルのマニアックな裏ベストランキングとか書こうと思ってます。もう出尽くしてるけど、普通の雑記より需要あるよね。

 

はい、というわけで、とりあえずなんでもいいから毎日書こうと思います。

 

ではまた明日。