今後の文体について

どうも、こんにちは。

 

空気ねぎです。

 

最近、自分の文体を変えるべきか、変えないべきかで迷っています。

 

やっぱり、文体ってその人の雰囲気と空気感をダイレクトに伝えますからね。

 

そう思うと、比較的やわらかい今の文体の方が良い気もしているのですが、小説や音楽について語る時は、だ、である調にしたいなあ、って思っています。

 

です、ます調だと、僕の場合は話し言葉になっちゃうので、文章に深みが出にくいです。まあ、だ、である調にしたところで、自分の文章に深みがあるのかと聞かれると、返す言葉がないんですけど……(笑)。

 

なので、今回のような雑記文は「ですます調」で統一し、音楽や小説について語ったりする時は「だ、である調」にしていこうと思います。

 

 

こうやって、ブログで意識的に文章を書くことになると、改めて文章って難しいなあと感じます。ほんと、むずかしいよね。

 

ではまた。