今を楽しむために、何かに没頭せよ。(ホリエモン「他動力」を読んで)

 

僕は高校生で、まだ仕事をしていません。

 

広く一般的に言って、高校生は仕事をしていませんよね。

 

まあ、昨今は高校生の段階でビジネスを立ち上げ、ガンガンお金を稼いでいる人もいますけど、ほとんどの高校生は仕事をしていません。

 

まだ仕事をした事がない僕にとって、会社勤めが辛いのか楽しいのか想像する事はできませんが、多分、普通のサラリーマンとして生きていく事は楽しくないだろうと思います。

 

 実際に経験してみないとわからないですけど、恐らく僕みたいな、自分勝手で自分を最優先に考える人間にとって、「会社」という実態のわかりにくい組織に対して多くの時間を捧げることは、その仕事がキツければキツいほど我慢なりません。

 

近年はそんな人が増えて「入社3年目で会社を辞める」という問題が多く取り上げられています。僕はそこまで問題視する事でもないと思いますけど。

 

もう時代は変わりつつあって、いずれ、事務作業は全てロボットが担うようになるでしょうから、今の高校生が、どこの会社に入社しようかと考えるのは正直バカらしいです。楽しくて楽しくて仕方がない会社もそりゃあるでしょうし、もともとどうしても入りたい会社があるのなら全然問題はないと思いますが、ただただ学校の言われた通りに勉強をして、人生になんの目標もないのに「どこ就職しよう」なんて考えてるは非常に愚かです。これから活躍できるのは、「どうすれば、今を思いきり楽しめるか」がわかる人でしょう。それは即ち、「主軸」を作ることができる人だと思います。

 

 

僕はつい最近、ネット上で自己発信することの面白さを知りました。このブログを読んでいる人は、今はまだほとんどいないでしょうが、それでもこれから毎日、更新していくつもりです。

 

多くの人に読んでもらうためには、ブログデザインの改善や、面白いトピック、文章を考え、検索に引っかかりやすいように様々な努力をしなければなりません。でも、とりあえず今は、毎日更新していくことを目標にしています。文章がどんなに稚拙でも、どんなに下手でも、とにかく毎日書いていくつもりです。

 

でも、どこの誰かもわからない人の文章を、毎日毎日楽しみにするような"モノ好き"は恐らくいません。そこで、必要になってくるのは、「ブログを書いている人が、どんな人なのかわかる。どんな人なのかイメージできる」事だと思います。

 

それには肩書きが必要です。例えば、「高校生」。これは大きな肩書きです。でももうちょっとすれば消えてしまいます。そう考えると、自分はまだ何者でもないという事を思い知らされますし、強く残る肩書きを得なければならないと、非常に焦ってしまいます。

 

僕はこのブログを通して、自分の肩書き、いわば、自分の「主軸」を作り出していこうと思っています。なんでもいいから、とにかく、人よりも秀でている何か、人とは違う何か、人よりも何倍も夢中になれる何かを作り出したいです。

 

 ホリエモンの「多動力」「すべての教育は洗脳である」を読んで

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 

 

堀江貴文さんの「多動力」「すべての教育は洗脳である」を読んで、非常に強烈に感じたことがあります。それは、「とにかく行動しなければならない」ということです。

 

行動しなければ、始まりません。

 

やってみなければ、没頭できる何かは見つかりません。

 

僕は今すでに「ブログ」という没頭できるものを見つけていますが、そのブログをより大きくするために必要な、「自分のタグ」も見つけて出すコトも必要であると考えています。

 

大事なのは、行動です。

 

みなさん、今を楽しむために、人生を楽しむために、行動をしましょう!