ねぎぶろ。(空気)

それでも日常はつづく。

レンズ交換と、JINSの神対応

今日、JINSでメガネのレンズ交換をしてもらった。

 

前の記事で、JINSにちょっとした悪口言っちゃったから、入る時に、なんか申し訳なさがこみ上げてきて緊張してしまった。いや、別に何も悪いことしてないから! ブログでちょっとしたネガキャンしただけだから!と、暴走する自意識を抑え込みながら店内に入る。

 

僕はその時学生服だったので、入る時かなり目立ったと思う。僕はすぐに店員に目を向ける。あ、やばい、みんな前と一緒の店員じゃん。やばい、店員に「なんだまたこいつか」とか思われちゃうやだああああああみたいなことを思いながら何食わぬ顔で「度無しレンズに交換お願いします」と言った。人間って本当、何考えてるのかわからないよね。

 

保証書をお持ちですか?と店員。僕は視力の検査結果が載った保証書を渡す。店員はしばしのあいだ保証書を眺める。しばしの沈黙。すると店員が口を開いた。「乱視があるみたいなので、もう一度検査を受けてもらってもよろしいですか?」やべえ!まただ!前と同じじゃん!そうやって検査受けさせてレンズ買わせるんだろ!と思ったのも束の間、保証で無料レンズ交換できることを思い出した僕は「あっ、はい、わかりました」とあっさり承諾した。

 

検査を受け終わり、度ありレンズをかけさせられて「違和感は無いですか?」と店員に言われたので、「うーん、違和感は今の所ないんですけど、できればブルーライトの度無しレンズにしてほしいんですよね」と店員に頼んだ。店員は笑顔のまま「うーん、そうですか、わかりました」と言った。

 

自分で検査を受けといて、やっぱり度無しレンズで、っていう自分にはかなり問題があるなあと思った。非常にめんどくさい客だ。JINSの店員の皆様、大変申し訳ございません。そして、こんな面倒な客に対しても笑顔を絶やさない接客精神、尊敬します.............。ほんとすみません。

 

そうしてレンズ交換が無事におわり、当初の目的であるブルーライトカットの度無しメガネをゲットし、高房のくせにかっこつけてイタリアンを食べ、スタイリッシュに度無しのメガネをつけて帰った僕でしたとさ。おしまい。